登録販売者を目指す『2コース』の新設決定!

チェック!「薬剤師」と「登録販売者」の違いは?

チェーンのドラッグストアや薬局などでは、薬剤師不足によりお客様に十分な情報が行き渡りにくいという実態がありました。しかし、一般用医薬品のうち、登録販売者が販売できる第2類、第3類医薬品の割合はなんと9割以上!
登録販売者は、今後薬剤師不足を補う人材として、期待が寄せられています。

新設くすりアドバイザー コース

医療秘書・事務科(2年制 女子)

  • 医療事務だけではなく、
    登録販売者も視野にいれ学び、進路選択が可能
  • 医療事務の専門知識はもちろん、
    ビジネスマナーやコンピュータ操作も身に付けられる
  • 登録販売者、医療事務(医科・歯科)、調剤薬局事務などの
    専門資格を取得

目指す職業 ドラッグストア店員 調剤薬局事務
医療事務 歯科受付助手 など
主な
取得可能資格
登録販売者 医療事務管理士技能認定試験(医科・歯科)
調剤事務管理士技能認定試験 医事コンピュータ
診療報酬請求事務能力認定試験(医科) など

新設医薬品・登録販売者 コース

ブライダル・サービス科(2年制 男女)

  • 登録販売者の知識から、販売の専門知識まで
    トータルで学ぶことができる
  • 薬にかかわる職場で体験実習ができる
  • 挨拶・言葉遣い・マナーなど、
    販売分野で必要不可欠なスキルを身に付けられる

目指す職業 ドラッグストア店員 調剤薬局事務
ヘルスケアアドバイザー など
主な
取得可能資格
登録販売者 販売士検定
サービス接遇検定 パーソナルカラー検定Word、Excel検定 など

薬剤師以外で唯一「くすり」を販売できる
「医薬品」のスペシャリスト!登録販売者

チェック!こんな人にオススメ!

  • 接客が好き!
  • くすりに興味がある!
  • 病気の人の力になりたい!

チェック!主な仕事内容

ドラッグストアや調剤薬局、コンビニ等で一般用医薬品の販売や接客、ヘルスケア・美容に関するアドバイスを行います。医薬品服用の安全性やお客様の健康を守るアドバイザーであり、店舗の経営にも携わることもあります。