17/07/28 教職員コラム

地域密着がJJCの良いところ(上越警察署の体験型説明会に参加して)

公務員科担任の山田です。

 

今回は、上越警察署がJJC学生のために、

体験型の就職説明会を実施してくださいました!

 

クラスには、公安系希望者もいれば、

事務職希望者もいますが、

仕事に対する見聞を広めるために、

クラス全員で参加しました。

 

最初は署長のお話です。

署長が学生目線でお話してくださったおかげで

学生の緊張もほぐれたようです。

 

次は道場に移動して逮捕術について

お話しを伺いました

 

「警察官は危険」という先入観を抱く人もいますが、

自分の身を守る術を知らない私達一般人の方が、

何もできないから危険なんですよね

 

次は鑑識の仕事体験です。

指紋の採取などをしましたが、

こういう作業をすると性格がでますね。

体験の様子はこちら!

 

「指紋を見つけるために、粉は薄く塗して…」

と言われているのに、

たっぷりつける学生や

目視だけで指紋を見つけ出そうとする学生・・・

難しいですね

 

最後は若手の現役警察官との座談会です。

様々な課から人選してくださり、

事務系希望者のために警察事務の方も参加してくださいました

 

近い年齢の先輩から話が聞けて、

警察官という仕事を先入観で見ていた学生も、

見方が180°変わったようです。

 

私にもサプライズが用意されていて、

上越警察署に配属になっている教え子も登場し、

久しぶりに元気な顔が見れて、

とても嬉しかったです

 

上越警察署や高田税務署・上越市役所や

上越地域消防・法務局など、

JJCの学生は、地元の官公署のご協力で見聞が広められて、

本当に幸せだなと思います。

 

規模こそ大きくありませんが、

少人数で地域密着というのも、

JJCの良いところだなぁと思う今日この頃です

一覧へ戻る