18/06/08 教職員コラム

ブライダル特別授業第二弾は、「神前式」!

「神前式」は、日本の伝統的な結婚式の1つです。

 

今日は、特別授業として

上越市の春日神社春日山神社の風間常樹彦宮司に

神前式の歴史や、お式のやり方、

意味などを教えていただきました。

 

みなさん知ってました?

神社にある鳥居は、鶏を上に乗せたから鳥居って言うんですって!

もう、そこからびっくりです。

 

 

 

 

 

 

 

風間先生の神社では、これまで世界各国の方が

お式をあげに来られているそうです

その理由は、外国人は紋付袴と白無垢にあこがれているから

なんですって

 

わたしたち日本人も、もっと神前式の良さに気づくべきだと思いました。

また、地域によってもやり方が変わっていたり、

奥が深いなあと思いました

 

最後は、手水の儀と二礼二拍手一礼のやり方を全員で練習しました。

 

 

 

 

 

 

 

将来、国際結婚のお客様や日本のお式を希望されるお客様には、

是非神前式をおすすめしたいと思います。

風間先生、わかりやすく教えていただきありがとうございました

一覧へ戻る